コピー機の購入

レンタルコピー機を導入する方法として、レンタルも考えられます。レンタルの場合には中古品がレンタルされることになります。なぜならば、リース会社が新品のコピー機を購入してそれをユーザーにレンタルすることを行うからです。レンタルの場合には途中で自由に解約をすることができますし、基本的に違約金を請求されることもありません。

一方で、リースの場合には常に新品のコピー機が導入されることになるのですが、もちろん契約を途中でやめることはできなくなっています。新品を決められた期間だけ使うか、それとも中古品をレンタルするかの選択が必要になります。

一方で、コピー機を購入するという導入法もあります。この場合にはコピー機の所有権が購入者の方に異動になりますので、コピー機のメンテナンスはすべて購入者の方で行うことになります。しかしながら、ローンでコピー機を購入した場合は、ローンを完済した段階で初めて、所有権が購入者のものになります。また、会社にコピー機を購入によって導入することを考えるのであれば、減価償却分のみが損金となりますので、経理の面をあらかじめ考慮に入れておくことが必要になってきます。といっても5年間の間にはすべて損金とすることができますので、トータルで損をするということにはなりません。

関連記事…コピー機の導入

You Might Also Like