コピー機の導入

コピー機を導入する場合には、リースの方が購入よりも短期的は経理の面で得ということにも思えますが、一般的にコピー機の耐用年数は5年と決められていますので、5年という長いスパンで考えるのであれば、リースに比べて購入の方が経理面では得ということになってきます。ですから、金銭的に余裕があるのであれば、購入してしまった方が良いということになります。

契約しかしながら、一度に高額の費用を捻出することが難しいというような場合には、リースも視野に入れてみてもいいでしょう。リースの場合にお勧めなのは、コピー機の使用頻度が非常に高い場合です。この場合には、メンテナンス契約のついたものを選んでおけば、場合によっては購入よりもお得にコピー機器を使って行くことが可能になります。リース契約は新品を使うことができますが、途中解約することが難しいというデメリットも存在していますので、契約に当たってはその内容を十分に検討してみることが必要です。

一般的には購入を第一に考えてみると良いでしょう。いろいろな問題があって、購入することが難しい場合はリースを考えてみるようにすると良いでしょう。リースをする場合には十分契約内容を精査することも忘れてはいけません。

You Might Also Like