コピー機の注意

コピー機をリースで導入する場合には一般的に途中で契約をやめることができませんのでその点は理解しておくといいでしょう。安易に気に入らなかったら途中でリースを中断してしまえばいいという感じでコピー機を導入してしまうと大きなトラブルになってしまうこともありますので、注意が必要です。中途解約をしてしまうと、違約金を支払う必要が出てくる場合も考えられます。

リース会社また、コピー機のリース期間が終了した場合には、コピー機はリース会社の所有物ですので、返品することが必要になります。希望すればリース期間を延長することもできますが、その場合にはリース代が減額になることが多くなります。古いコピー機ではなくて新しいコピー機を希望する場合には、契約の切り替えのタイミングで新しい機種に変更をしていくようにするといいでしょう。

通常リースの場合には所有者が移転にはならないシステムになっていますが、契約内容によっては、リース契約の終了後に所有者が移転になる場合もありますので、契約を締結する際には、そのようなことが可能かどうかを確認してみるといいでしょう。コピー機の所有者はリース会社ですので、基本的にコピー機のメンテナンスはリース会社の方で行われるのが一般的です。

You Might Also Like