コピー機のリース

仕事場などにコピー機を導入する場合にリースにするのが良いのかあるいは購入するのが良いのかを悩む場合も多いのではないでしょうか?コピー機をリースすることは借りるのと同じイメージでとらえておくといいでしょう。リースの場合にはコピー機を所有しているのはリース会社ということになりますので、コピー機を勝手に処分することはできなくなってしまいます。また、リースの場合にはリース代金をリース会社に支払う必要がでてきますが、会社の経営の面から考えるのであれば、リース代金はすべて損金に充てることができるので、経営面では大きなメリットがあるといえます。

契約の内容コピー機を購入した場合には本体の減価償却分だけが損金となりますので、高額なコピー機を購入したような場合には経営に大きな負担をかけてしまう可能性が出てきます。また、リースの場合には契約の内容にもよるのですが、カウンター契約の場合には、トナーの費用は掛かりませんが、コピーを行った枚数に合わせて費用を支払うことになります。また、定期的にメンテナンスをしてもらうこともできますので、良好な状態でコピー機をいつも使うことができるのでお勧めです。

実際にコピー機をリースする際にはどのようなオプションのついた契約であるかをあらかじめ確認しておくことがお勧めです。コピー機のリースはお得な面もありますが、単純に費用を合計した場合には、購入よりも高くなってしまいますのでその点はあらかじめ知っておくといいでしょう。

You Might Also Like