コピー機の導入

コピー機を導入する場合には、リースの方が購入よりも短期的は経理の面で得ということにも思えますが、一般的にコピー機の耐用年数は5年と決められていますので、5年という長いスパンで考えるのであれば、リースに比べて購入の方が経理面では得ということになってきます。ですから、金銭的に余裕があるのであれば、購入してしまった方が良いということになります。

契約しかしながら、一度に高額の費用を捻出することが難しいというような場合には、リースも視野に入れてみてもいいでしょう。リースの場合にお勧めなのは、コピー機の使用頻度が非常に高い場合です。この場合には、メンテナンス契約のついたものを選んでおけば、場合によっては購入よりもお得にコピー機器を使って行くことが可能になります。リース契約は新品を使うことができますが、途中解約することが難しいというデメリットも存在していますので、契約に当たってはその内容を十分に検討してみることが必要です。

一般的には購入を第一に考えてみると良いでしょう。いろいろな問題があって、購入することが難しい場合はリースを考えてみるようにすると良いでしょう。リースをする場合には十分契約内容を精査することも忘れてはいけません。

コピー機の購入

レンタルコピー機を導入する方法として、レンタルも考えられます。レンタルの場合には中古品がレンタルされることになります。なぜならば、リース会社が新品のコピー機を購入してそれをユーザーにレンタルすることを行うからです。レンタルの場合には途中で自由に解約をすることができますし、基本的に違約金を請求されることもありません。

一方で、リースの場合には常に新品のコピー機が導入されることになるのですが、もちろん契約を途中でやめることはできなくなっています。新品を決められた期間だけ使うか、それとも中古品をレンタルするかの選択が必要になります。

一方で、コピー機を購入するという導入法もあります。この場合にはコピー機の所有権が購入者の方に異動になりますので、コピー機のメンテナンスはすべて購入者の方で行うことになります。しかしながら、ローンでコピー機を購入した場合は、ローンを完済した段階で初めて、所有権が購入者のものになります。また、会社にコピー機を購入によって導入することを考えるのであれば、減価償却分のみが損金となりますので、経理の面をあらかじめ考慮に入れておくことが必要になってきます。といっても5年間の間にはすべて損金とすることができますので、トータルで損をするということにはなりません。

関連記事…コピー機の導入

コピー機の注意

コピー機をリースで導入する場合には一般的に途中で契約をやめることができませんのでその点は理解しておくといいでしょう。安易に気に入らなかったら途中でリースを中断してしまえばいいという感じでコピー機を導入してしまうと大きなトラブルになってしまうこともありますので、注意が必要です。中途解約をしてしまうと、違約金を支払う必要が出てくる場合も考えられます。

リース会社また、コピー機のリース期間が終了した場合には、コピー機はリース会社の所有物ですので、返品することが必要になります。希望すればリース期間を延長することもできますが、その場合にはリース代が減額になることが多くなります。古いコピー機ではなくて新しいコピー機を希望する場合には、契約の切り替えのタイミングで新しい機種に変更をしていくようにするといいでしょう。

通常リースの場合には所有者が移転にはならないシステムになっていますが、契約内容によっては、リース契約の終了後に所有者が移転になる場合もありますので、契約を締結する際には、そのようなことが可能かどうかを確認してみるといいでしょう。コピー機の所有者はリース会社ですので、基本的にコピー機のメンテナンスはリース会社の方で行われるのが一般的です。

コピー機のリース

仕事場などにコピー機を導入する場合にリースにするのが良いのかあるいは購入するのが良いのかを悩む場合も多いのではないでしょうか?コピー機をリースすることは借りるのと同じイメージでとらえておくといいでしょう。リースの場合にはコピー機を所有しているのはリース会社ということになりますので、コピー機を勝手に処分することはできなくなってしまいます。また、リースの場合にはリース代金をリース会社に支払う必要がでてきますが、会社の経営の面から考えるのであれば、リース代金はすべて損金に充てることができるので、経営面では大きなメリットがあるといえます。

契約の内容コピー機を購入した場合には本体の減価償却分だけが損金となりますので、高額なコピー機を購入したような場合には経営に大きな負担をかけてしまう可能性が出てきます。また、リースの場合には契約の内容にもよるのですが、カウンター契約の場合には、トナーの費用は掛かりませんが、コピーを行った枚数に合わせて費用を支払うことになります。また、定期的にメンテナンスをしてもらうこともできますので、良好な状態でコピー機をいつも使うことができるのでお勧めです。

実際にコピー機をリースする際にはどのようなオプションのついた契約であるかをあらかじめ確認しておくことがお勧めです。コピー機のリースはお得な面もありますが、単純に費用を合計した場合には、購入よりも高くなってしまいますのでその点はあらかじめ知っておくといいでしょう。